与野歯科・矯正歯科

048-822-2356

denture

denture

入れ歯に対する様々なお悩みを解決し、
快適な生活を送るサポートを致します。

入れ歯は、歯が失われたあとを補うものです。入れ歯を作る目的は、咀嚼、かみ合わせ、見た目の回復ができるだけでなく、きちんと咬めることにより、味覚が刺激されて唾液の分泌が促進され、食べ物を消化・吸収しやすくなります。現在使用されている入れ歯で、はずれやすい、違和感が強い、咬めない、話しにくい、見た目が悪いなどのお困りごとはございませんか?お口にぴったり合ったものができれば、このようなお困りごとは生まれません。当院では、患者さん一人一人のお口の状態を丁寧に確認し、会話や食事を楽しめ快適な生活を送る事のできるよう、最適な入れ歯づくりのサポートをしております。新しい入れ歯の作製から入れ歯の修理、調整まで、入れ歯に関してお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

合わない入れ歯ををそのままにしておくと生じるリスク

合わない入れ歯とそのまま使い続けることは、使い勝手が悪くて食事やおしゃべりが億劫になるなどの精神面への影響の他、しっかり咬む事ができない事により、消化器官に負担がかかってしまったり、噛合わせの乱れなどから肩こりや頭痛などを引き起こすなど、全身の様々な不調にもつながります。現在お使いの入れ歯を調整することも可能ですので、お悩みがある方はお早めにご相談ください。
  • 歯茎を痛める可能性がある
  • 部分入れ歯の場合、残っている歯に負担がかかる
  • 食べ物をしっかり噛めないので、消化器官に負担がかかる
  • 噛み合わせの乱れから肩こり・頭痛などの全身の不調を招く

denture

入れ歯のメリット

  • merit.01全ての症例に対応

    ブリッジでは適応できないような大きな欠損などの症例にも対応可能です。
  • merit.02保健適応

    保険が適用できるため、費用を抑える事が可能です。(保険外の場合もあります)
  • merit.03歯を削らない

    部分入れ歯の場合、金具を健康な歯に引っ掛けて固定しますので、削らずに補うことができます。また、取り外しが可能すので、お手入れが簡単です。

入れ歯のデメリット

  • demerit.01違和感・異物感

    入れ歯を初めて入れた方は、慣れるまで使用時に違和感・異物感があることがあります。
  • demerit.02見た目

    入れ歯の種類によっては、入れ歯だとわかりやすく、見た目が気になるものもある。
  • demerit.03破損の可能性

    素材によっては、強い衝撃を与えると割れたり壊れたりしやすくなります。

denture

  1. 一人ひとりに合った入れ歯をご提案

    正確な型取りで、しっかり噛める入れ歯作り
    当院では、保険適用のリーズナブルな入れ歯から自費でお作りする入れ歯まで幅広く扱っています。患者さん一人一人のお口の状態に合わせた、ご希望のご予算の入れ歯をご提案しています。長持ちさせたい、床部分を薄くしたいなどのご要望にもできるだけ対応させていただきますので、一度ご相談ください。
  2. ピッタリ合った入れ歯作り

    精密な型取りと細やかな微調整で健康な噛み合わせ
    丁寧な型取り・細やかな微調整を行い、よく噛めて安定感を重視した、患者さん一人一人の目的に合わせた入れ歯をお作りします。
  3. さまざまな種類の入れ歯をご用意

    患者さん一人一人のニーズに合った入れ歯をご提案
    当院では、患者さん一人一人の様々なニーズに合わせた多種類の入れ歯をご用意しております。保険適用の入れ歯から見た目や使用感にこだわった自費の入れ歯まで、様々な種類を取り扱っておりますので、患者さん一人一人に合ったピッタリの入れ歯をご用意することができます。どうぞお気軽にご相談下さい。

denture

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯の種類は、大きく分けて保険適用されるものと保険適用外の2種類がございます。保険が適応される入れ歯は、入れ歯の土台部分がプラスチック素材で作られているため、金属のように強くない分ある程度の厚みが必要になります。そのため、装着時は厚みからくる違和感を感じがちです。また、既製トレーを使用するなど作製方法が限られるため、お口にフィットする理想的な入れ歯を作ることが難しく、密着度はやや弱くなります。自費の入れ歯は、既製トレーを使用するのではなく患者さん専用の個人トレーを作製するなど、行程を増やして入れ歯を作製できます。精密な型取りや噛み合わせの確認を行ない、お食事やおしゃべりに困らず、外れにくい入れ歯をお作りする事ができます。また、豊富な素材の中から厳選し、見た目も自然な患者さんに合った入れ歯をご提供いたします。

自費の入れ歯

床の部分が薄いため発音がしやすく、
食べ物の温度も伝わりやすい
金属床入れ歯
床部分が金属にで作られた自費診療の入れ歯です。床部分を薄く作れるので、保険適用のものよりも発音がしやすく、食べ物の温度も伝わりやい、違和感の少ない入れ歯です。一方で使用する金属によっては、アレルギーを引き起こす可能性があります。

バネを一切使用しないフィット感に優れた入れ歯
ノンクラスプデンチャー
バネを一切使用しない部分入れ歯です。目立たないのはもちろん、素材は軽くて柔らかいため大きく曲げても割れることが無く、装着時の違和感も少ないです。金属を使用しないので、金属アレルギーの心配もございません。一方で、急激な温度変化によって変形したり、金属床の入れ歯と比べ、食べ物の温度が伝わりにくいなどのデメリットもございます。

安定感があり天然歯と同じようにしっかり噛める
マグネットデンチャー
残っている自分の歯に磁石を埋め込み、入れ歯側にも磁石を取り付け、バネの代わりに磁力によって固定する入れ歯です。歯の無い方は、インプラント治療を行いインプラントに磁石を取り付けます。バネを使用しないので見た目もすっきりし、残っている歯に負担をかけない他、安定感があり、しっかり噛むことができます。
患者さん一人ひとりに合った
ご希望に合った快適な入れ歯
自費のご負担で行う入れ歯治療は、保険適応のように行程に制限が無いため、患者さんに納得していただけるまで手間と時間を惜しみなくかけることが可能です。
また、入れ歯を作製する素材も数多くあり、自由に選択する事ができるため、耐久性やフィット感、見た目を考慮した長持ちする入れ歯を厳選して使うことが可能です。様々な種類の中から、患者さんのご希望に合った快適な入れ歯を作製することが可能です。

保険の入れ歯

レジン床
床部分がレジン(歯科用プラスチック)でできている保険診療の入れ歯です。部分入れ歯の場合は残った歯に金属のバネをかけて安定させます。製作期間が短く、修理や調整がしやすいといったメリットがある一方、床部分に厚みがあるため食べ物の温度が伝わりにくいなどのデメリットもあります。
全日空商事ANAが航空機内で使用している除菌消臭スプレーです。当院ではこのスプレーを使用し、空間の除菌を行っております。